大阪の文化や習慣について

大阪の文化や習慣は、日本各地を見ても大阪独自とも言える内容のものが
多いと言えます。

日本の歴史では長い間、京都を中心として日本の文化などを発展させてきた
経緯があることで、大阪は京都に近く、西日本では最大の都市として発展した
ために独自の文化を自然な形で作ってきています。

そのため、大阪独特の食文化や芸能文化の他にも、大阪弁と言われる独特な
イントネーションや話し方を持った方言によって言葉を発しコニュニケーションを
とっています。

大阪の文化と言えばその昔、天下の台所と言われただけあり、大阪独自の食文化が
栄えています。

大阪の食い倒れなどと言いますが、これは大阪人は飲食に破産するほど
贅沢をするという意味だったり、食べ物にうるさい、大阪には美味しい食べ物が
沢山あるなどの意味から使われると言われています。

大阪の食文化と言えば、しゃぶしゃぶやうどんすきなどの本格的な料理を始め
たこ焼き、お好み焼き、イカ焼き、串カツなどの「粉もん」と言われる
大阪独自の庶民の味まで本当に多くの味を楽しむことが出来ます。

食べ物の文化の他にも芸能も庶民の娯楽として栄えています。

人形浄瑠璃の発祥地から始まり、上方歌舞伎や大坂相撲も盛んで、
この他にも上方落語や漫才、松竹新喜劇によしもと新喜劇などのお笑い文化が
現在も栄えていて、大阪から全国に多くのお笑い芸人が生まれています。

大阪でお笑い文化が発展したのは、商業の町として商いを円滑にするために
角の立たない穏和なコミュニケーション術を発展させてきたことにより
生まれた文化だと言われています